株価と決算発表の関係

株初心者向け, 株式投資

株価に大きな影響を与える決算発表は、株式を公開している会社にとっても、投資家にとっても、とても大きなイベントの一つといえます。

株式を上場している会社は、その会社の財務内容を表す「損益計算書」「貸借対照表」「キャッシュフロー計算書」といった決算短信を開示し、株主に公表しなくてはいけません。

これは年間3か月ごとの4回行われ、「4半期決算」と呼ばれているものです。

 

matterhorn-945_640

 

前回の記事では、株の銘柄を選ぶ時には、その会社の財務内容をしっかり確認した上で選びましょう、ということをお話しましたが、会社の財務内容は、様々な事柄が関わって変化していくため、この3か月ごとに開示される決算発表をしっかりとチェックして、業績の予想や事業計画を達成しているかどうかをきちんと確認しておきましょう。

もしも財務内容に大きな変化があった場合、投資家であるあなたは、その株をこのまま保有するのかどうか判断する必要があるのです。

 

ただ、業績が良い場合であっても当初の市場の予想よりも低かった場合には売られますし、業績が悪く経営状態がうまくいっていなくても、市場の当初の予想よりも内容が軽かった場合には買われたりするケースもありますので、決算発表前の市場の予想なども参考にしながら、その会社への投資を考えなおす必要が十分にあります。

株価というのはその会社の価値が反映されるので、その会社の価値が下がれば株価も下がり、価値が上がれば株価も上がると考えていいのです。

したがって、自分が投資している会社の決算はどの時期にあるのかという情報はあらかじめ知っておく必要がありますし、自分が投資している会社の株価に関わる情報などは、常に確認しておくようにするといいですね。

 

株初心者の方の場合、何をどう調べれば投資先の会社の内部情報などを入手できるのかわからないと思いますが、株を購入する際に、まずは自分がよく知っている会社の株を買うというところから始めるというのが良い方法です。

たとえば、普段よく口にする食品の会社や愛用している製品のブランドなど、自分自身が興味を持っていて、尚且つ馴染みのある会社であれば、こうした情報が自然と耳に入ってくるでしょう。

これが全く知らないジャンルの会社の銘柄を選んでしまうと、情報の収集方法がわからなかったり、情報の取捨選択に迷うなどの弊害が出てきてしまいますので、まずは自分にとって身近な銘柄を選ぶというのも有効な選択ですね。

 

普段から日常的に情報を収集したり調べたりなどの行動が習慣化してくると決算書も見やすくなりますし、その会社に何かあった場合でも、あわてず、冷静に対処できるようになるのです。

 

株初心者に向けた無料のメールセミナー(全7回)を好評配信中です!
詳しくはこちら→https://www.progressmind.co.jp/equity-investment/

お問合せ、ご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

 

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索