Blog
2014年8月25日 株初心者向け, 株式投資

低位株を買うという選択肢

初心者の方が株取引を始める場合、低位株を購入することから始めてみるのもひとつの方法です。

株取引を始めるためには、ある程度まとまった資金が必要ですが、その資金を最初は出来るだけ少なくしたいと考えるのであれば、低位株も選択肢のひとつとなり得ます。

 

hands-423794_640

 

低位株とは、相場全体の中で株価が低く設定されている株のことをいいますが、株としての価値が無くなった「ボロ株」や逆に優良株なのに株価が低い「割安株」とは似て非なるものです。

あくまでも相場全体の中で株価が低いものを「低位株」と呼ぶと覚えておくといいでしょう。

低位株は必要な資金が比較的少なくて済みますし、万が一失敗したとしても損失を低く抑えることができ、リスク管理がしやすいというメリットがあります。

 

例として、株価が200円の株を1000株購入すると20万円ですが、もし半分の100円になった場合でも10万円の損失に抑えることができます。

しかし、株価が60万円の株を1株買っていた場合、半分の30万円に下がってしまうケースというのはよくあることであり、しかもその後も株の値段はどんどん下がるといったケースも稀ではありませんから、値段が高い株の場合には下がる確率が高い上にスピードを増して下がるパターンが多いのです。

初心者の方が株取引きに慣れるまでは、低い株価の銘柄から取引きの経験を積んだほうがいいと思うのですが、短期間で利益を出したいと考えてしまい、1日に数千円から何万円と動くような銘柄を選んでしまいがちです。

これは非常にリスクが高く危険な取り引きであり、万一損失を出した場合に立ち直れないような金額になってしまう恐れがあります。

 

株初心者の方の場合には、たとえ低位株であっても株数を増やしていくことで、株価が変動すれば十分に利益を狙うことができ、リスクもそれほどない低位株狙いを選択肢に加えてみるのもいいでしょう。

一株の価格が200円から500円位で、1000株単位の銘柄を選ぶのがお勧めです。

 

ただ、低位株であれば何でもいいのかという訳ではなく、あまりに安い株はいわゆる「ボロ株」と紙一重のケースもありますし、その会社の業績などによっては、株価の下落率が非常に高いというリスクもありますから、購入の際にはきちんと情報を収集し、適切な分析のもとに購入するという基本は変わらない、ということを覚えておいてください。

 

株初心者の方にとって価値ある投資情報を無料で差し上げています。
詳しくはこちら→https://www.progressmind.co.jp/free-gifts/

お問合せ、ご相談はお気軽にコチラまでお寄せください。

 

カテゴリー

アーカイブ

Copyright© - プログレスマインド・オフィシャルブログ All Rights Reserved.