Blog
2014年8月22日 株初心者向け, 株式投資

株のナンピン買い

株式投資を始めると、実に様々な用語があることがわかると思いますが、その中のひとつに「ナンピン買い」という面白い名前の株の買い方があります。

株のナンピン買いとは、今保有している株の値段が下落したとき、その下落した株の値段でさらに追加で購入することで、すでにもっていた株の平均取得価格を下げることができるという方法です。

 

macbook-336704_640

 

たとえば、200円の株を1000株購入したとします。

この場合、株の購入金額は20万円ということになりますが、購入後に株価が下落し150円になってしまったと仮定してください。

この状況で株の平均取得価格を下げるために、下落した価格の150円でさらに1000株買い増しします。

すると、最初に買っていた1000株分と合わせて2000株で35万円で購入したという計算になります。

35万円を2000株で割ると1株が175円のときに購入したということになり、最初に買った200円よりも25円平均取得価格を下げることに成功しました。

最初に買った200円に株の値段を戻すのは難しいとしても、175円に戻すのであれば可能性はぐっと高くなります。

このように、株のナンピン買いをすることで株の取得単価を下げることになるため、実質プラスにする可能性を高くすることができるというわけです。

 

しかし株初心者がなんの根拠もなくナンピン買いをしてしまうのはとても危険です。

ナンピン買いは株価の戻りを期待して行う方法ですから、株価が上昇していくことで意味を成しますが、株価が下降を続ければ、損失をさらに増やすだけにつながることもあるからです。

購入した銘柄について正しい分析を行った結果の判断であれば確実に利益は増えるのですが、初心者の方が訳も分からずにナンピン買いをしてしまうと、利益を上げるどころか、さらに損失を増やす結果になってしまうわけですね。

 

社会環境の悪化などによって下がった株価であれば、いずれ持ち直すことも期待できますが、会社の業績の悪化による株価の下落は、そのまま下がり続けるケースが多いですから、深追いせず、傷が浅いうちに損切りをするなどの対応が必要になってきます。

 

株初心者に向けて無料のメールセミナー(全7回)を好評配信中です!
詳しくはこちら→https://www.progressmind.co.jp/equity-investment/

お問合せ、ご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

カテゴリー

アーカイブ

Copyright© - プログレスマインド・オフィシャルブログ All Rights Reserved.