株取引にかかる手数料について

株初心者向け, 株式投資

株の取引にかかる手数料というのは一つではありません。

株取り引きをするうえで必要な仕組みごとに、加算される手数料の種類というのは違ってきます。

株取り引きをすると言っても、投資家が市場で直接取り引きを行うのではなく、実際に作業してくれるのは証券会社になりますから、証券会社が手数料を取るのは当然といえば当然のことです。

 

personal-95715_640

 

前述したように手数料といっても様々な種類があって、売買手数料の場合では一約定ごとに手数料を取るところもあれば、一日とか一ヶ月ごとの定額制にしているところもあります。

一約定ごとに売買手数料を取っている場合では、一回の取引につき、10万円以下の取引の場合にはいくら、といった形で手数料を提示しています。

 

また、定額制の手数料になっている場合では、一日とか一ヶ月の取引量もしくは約定金額によって手数料があらかじめ決まっているというケースもあり、どれだけ取引をしても何度取引をしても同じ手数料で取引ができるというものです。

短期売買で何度も取り引きをする人や、デイトレードなど、一日に頻繁に取引をする人にとっては、手数料が定額制になっているというのは魅力的でしょう。

 

証券会社によっては、一約定ごとと定額制をどちらも取り入れているところがあります。

これは途中で手数料の形式を変更できるというタイプのもので、取り引きに慣れないうちは一律にしておき、上級者になって頻繁に取り引きをするようになった時点で定額制にするといったような変更が可能というものです。

 

売買手数料の他に必要な手数料としては、口座管理費というものが必要です。

これは証券口座を維持するための費用で、最近増加しているオンライントレードの場合では口座管理費は無料のところが増えてきていますが、総合証券で実店舗を構えているような大手の証券会社の中には、口座管理費を取っているケースがあります。

 

他には証券会社の口座から他の口座に出金する場合にかかる手数料もありますが、これもオンライン証券の場合には金額によっては無料になっているところが増えてきていますから、色々と比較して手数料がかからない口座を開設するというのも一つの方法です。

 

株取引にはこのように様々な手数料などが必要になってきます。

初心者の間は、気がつけば売買手数料や口座維持費にかなりのコストを使っていたというケースもあるかもしれませんが、最初から全てがうまくいくはずもありませんから、証券会社選びの段階から慎重に、ひとつひとつ積み上げていくような気持ちで臨みましょう。

 

株初心者に向けた無料のメールセミナー(全7回)を好評配信中です!
詳しくはこちら→https://www.progressmind.co.jp/equity-investment/

お問合せ、ご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索