株の投資のスタイルというのは様々ですが、投資期間によって投資のスタイルを分けることができます。

投資期間は大きく分けて短期、中期、長期の3つに分類されますが、ここでは短期投資について簡単に説明してみます。

 

短期投資とは、文字通り短期で投資をするというスタイルで、1日から数週間のスパンで取引をする投資方法です。

インターネットの普及に伴い、個人投資家の間ではデイトレードという新しい投資スタイルが主流になってきていますが、スキャルピングと呼ばれる、超短期投資などもあり、短期投資と一言で言っても、実に色々な取引があります。

 

drop-of-water-361104_640

 

株の短期投資では、利益を出すために対象とする株の銘柄が、株価の値動きが激しい株ということに限定されてきます。

短期間で利益を出すのが短期投資の目的ですから、短い期間では株の値動きがあまりない銘柄は短期取り引きには向いておらず、日常的に値動きが激しく、幅があるものを選ぶ必要があるわけです。

数週間から数か月間も値動きがないような株は、長期投資向けであり、短期投資には向かないということです。

毎日のように株価が変動するからこそ、短期投資で利益を出せるわけですから、短期投資のスタイルを取るのであれば、そういった値動きがある銘柄選びが必要になってきます。

 

しかし、毎日の値動きが激しいということは利益を出しやすい反面、短期間で大きな損失を出してしまうリスクを高めることにもつながります。

リターンが高い銘柄は、必然的にリスクも高いですから、十分に注意しましょう。

 

株の短期投資というのは、一般的に見ても、他の投資の方法に比べるとリスクは高く設定されていますから、初心者にはあまり向かない方法であると言っても過言ではありません。

短期投資が向いている人とは、時間に余裕があり、日中でも株の値動きをこまめにチェックできて、携帯などで即座に注文できるような環境にいる人であればスムーズな短期投資をすることができますが、そうでない場合には、短期投資で利益を上げるというのは相当難しいことだと言わざるをえません。

デイトレードやスキャルピングの場合などは特に1分1秒といったところでの駆け引きになりますから、1日中パソコンの前ににしがみついていなければならず、相当な集中力や判断力を必要としますから初心者にとっては難しいですし、日中取引できない環境にいる人には向きません。

 

初心者の方に向けた価値ある投資情報を無料でプレゼントしています。
詳しくはこちら→https://www.progressmind.co.jp/free-gifts/

お問合せご相談はお気軽にコチラからどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索