株のテクニカル分析

テクニカル, 投資の基本, 株式投資

株のテクニカル分析とは、一般的には株価チャートのローソク足を見て、グラフを解読して株の売買動向を分析するものです。

 

株のテクニカル分析は、とても奥が深く、初心者の方にとっては少々複雑に感じられるかもしれませんが、上級者の中にはテクニカル分析をすることが株の醍醐味であり、面白さであると言い切る人もいらっしゃるようです。

チャートの見方を理解できるようになれば、それほど難しいという感覚もなくなり、チャートだけで相場の判断ができるようにもなりますが、トレンドライン、出来高など、テクニカル分析に必要な専門用語を覚えるのが、最初のうちは難しいと感じられるかもしれませんね。

 

前回ご紹介した「ファンダルメンタル分析」の方が初心者向きではないかと思っている人は多いかもしれませんが、チャートや指数を見て相場を判断するテクニカル分析の方が、いかにも株価の分析をしているという感じがして、初心者のうちは楽しいという感覚を持つことができ、株の分析は難しいという観念を捨てることができるきっかけにもなると思いますから、挑戦してみるといいかもしれません。

 

statistics-76199_640

 

株のテクニカル分析の基本は、チャートのローソク足です。

過去の株価の動向をチェックしていると、一定のパターンになっていることが見えてきますから、それがどのようなパターンになっているのか、また、どんな経緯があってここまで来たのかなどが、繰り返しチェックしていくことでとわかると思います。

株価の動きのパターンやスタイルを見出して、これから先の株価の動きを予測するというのが一般的な分析の方法ですが、上級者になってくると、チャートを見れば売買のタイミングがすぐにわかるようになります。

 

テクニカル分析は過去の株価の動きを振り返ってみることで、相場の動向のパターンを知り、それを参考にしてこれからの株価がどう動くのかということを予め予測する分析方法ですから、言ってみればタイムマシンに乗って過去に戻り、その時その時で株価にどういう変化があったのかを事前に知ることができる…. といえばわかり易いかもしれません。

「ファンダルメンタル分析」は現在のその銘柄の状況を見て、これからの株価を予測する方法であり、テクニカル分析は過去の株価や出来高を見てこれからの株価を予測する方法と言えます。

 

どちらの分析方法で取り引きに臨むのかを決めるのではなく、ファンダルメンタル分析で購入する銘柄を決めたら、テクニカル分析で売買のタイミングを導き出すなど、それぞれの分析法の特徴をよく理解して、どちらの方法も有効に活用していくことが大切でしょうね。

 

株初心者向けのメールセミナー(全7回)を無料で好評配信中です!
詳しくはこちら→https://www.progressmind.co.jp/equity-investment/

お問合せご相談はお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索