株の空売りとは?

投資の基本, 株初心者向け, 株式投資

株取り引きの中に信用取引というものがあるのですが、そこで出てくるのが空売りと呼ばれる投資方法です。

空売りは、前述したように信用取引の種類の一つのため「信用取引口座」が必要になります。

 

具体的には、投資家の注文によって証券会社が調達してきた株を借り受け、この借りた株を売却して値下がりした時点で再び買い戻すことで利益を得ることを空売りと呼んでいます。

証券会社から借りてきた株を売った時点で、その株の値段が後から値下がりすることを予想して取引を行うのですが、その株の値段の下落幅がそのまま利益ということになります。

 

softball-372979_640

 

初心者の方にとっては少し難解かもしれませんが、例えば5万円で、ある会社の株を借りてすぐに売却したとします。

その後、その株が4万円まで株価が下がったとすると、5万円から1万円下がったので、買い戻して証券会社に株を返すことで、1万円の利益を受け取ることができるというわけです。

借りた株が値下がりすることを予想しての取り引きですが、株の値段が必ず下がるとはいえませんから、もしも株の値段が売ったときよりも上がってしまった場合には、上がった分がそのまま損失ということになります。

5万円で空売りした株が、6万円に上がってしまえば、買い戻して返却すると1万円の損をしたということになりますね。

 

このように空売りとは、買ったときよりも株の値段が上がれば利益がもらえるという、通常の買いの取引とは逆で、下がれば利益につながる取引なので、場合によってはピンチをチャンスに変えることができるという側面も持っています。

しかし、だからと言って空売りばかりが増えてしまうと、売りが売りをつなげることになり、さらに株価が下がってしまうことになる可能性もあるので、空売りに関しては様々な規制がありますから十分に注意しましょう。

 

空売りをする場合の注意点

空売りをした人が予想が外れ、その株の値段が上昇してしまい、含み損を出すことに耐えられなくなった時点で、損切りのために株を買い戻すことがあります。

その影響で株の値段が上がってしまうことがあるのですが、このことを「踏み上げ」と呼び、株価の急騰につながる状態と言われています。

株価が下落して信用売りの債務が膨らんだ会社に空売りをすれば、予想を上回るような損失が出てしまうこともあるので、踏み上げに影響されないように取引を行うことがポイントです。

 

しかし初心者の方の場合には、この投資方法は複雑でリスクも高いですから、株式投資に慣れるまではやらない方が無難と言えます。

 

株の初心者でもお金を増やせるメールセミナーを無料で実施中です。
お気軽にコチラからお申し込みください。

お問合せ、ご相談はコチラまでお気軽にどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索