株投資で留意しておきたい5つのポイント

投資家マインド, 株初心者向け

株の投資で留意しておきたいことは色々とありますが、ここでは初心者の方にとってポイントとなる5つのことについてお話します。

 

note-66612_640

 

1、「管理ポスト」「整理ポスト」に入っている銘柄は購入しない。

かなり割安なので、1円でも上がれば利益になることを狙った「マネーゲーム株」として買う人もいるようですが、このような株は事実上倒産している銘柄ですから、お金をドブに捨てているようなものです。

監理ポストや整理ポストに入った株にはどんなに安かろうとも絶対に手を出してはいけません。

 

2、過去の売買を振り返らない

株を売った後に、その銘柄が自分が売った時よりも株価が上がったり、逆に買った後に株価が下がったりすると、その株を買ったことや売ったことに対して後悔したり、原因について深く考えすぎてしまいがちです。

しかし「あの時、もう少し待っていれば…」といったように、過去の取り引きについて必要以上に振り返るのはやめましょう。

このような心の隙から、「一発逆転」を狙った投機的な取り引きに偏り、余計なことに資金を使ってしまうことにもつながるのです。

相場は生き物です。思い悩んでいる間にも株価は常に変動しています。

 

3、利益が出たからといってすぐ売らない

株で利益が出たら、ある程度そのまま継続して持つことも必要です。

一般的に個人投資家は、少し値段が上がれば利益を確定するためにすぐに売りたがる傾向にありますが、たとえばストップ高にあったら下落するまで持つなど、タイミングを見計らいましょう。

 

4、損失が出たらすぐに売る。

株で損失が出た場合、「もう少し待てば、また持ち直すかもしれない」と考え、損切りを延ばす人も多いのですが、こういった考え方は危険です。

自分で決めたルール以上に株の値段が下がったら、たとえどんな状況であっても必ず売ると自分の中決めておくといいです。

売った後に株価が上がったとしても、それはそれとして淡々と取り引きを進めます。

目先の利益ばかりでなく長い目でみた株投資をしていくと、そのときには損と思えたことも利益につながっていくものです。

 

5、短期は損気

株で一番やってはいけないこと、それは短気を起こすことです。

次から次に株に手を出したり、「これは駄目だから次はこっち」とコロコロとルールや取引スタイルを変えてみたり…

少し値段が上がったり下がったりする度に売買を繰り返すのではなく、市場を一旦俯瞰的な視点でじっくりと見て、しっかり自分で考えた上で、取引をしていくことが大切です。

また、資金的に余裕を持つことで、気分的にも余裕のある株投資をすることができますね。

 

以上、思いつくまま5つの留意しておきたいことを挙げてみましたが、これらのことを参考にされて、失敗や損失を少しでも抑えることにつながれば幸いです。

 

これから株を始める方へ! お金を増やすための価値ある情報を無料でお届けしています

お問合せはお気軽にコチラまでどうぞ。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索