「株は安くなったら買う」

投資の基本, 株初心者向け

株式投資において、「株は安くなったら買う」というのは説明するまでもなく、当たり前のことです。

安く買うというのは株式投資に限らず商売の基本であり、主婦の日常の買物の基本でもあると思います。

 

チャートを見て、売買のタイミングを計るテクニカル分析には、「順張り」と「逆張り」と呼ばれている方法があります。

今、上昇トレンドに乗っている株がこれからもさらに上がるという時に使うのが順張りで、株価が下がりきり、これから上昇するであろうという場合に使うのが逆張りという方法です。

順張りと逆張りのどちらを使うかは、それぞれの投資家の自由ですが、初心者の方がこれから株を買うという場合には、株価が下がっている安い間に買うのが基本的なセオリーです。

 

home-office-336373_640

 

業績が向上している会社の株価は、放っておいても上昇していくというのが一般的ですが、これに便乗する形で「自分もちょっと買ってみよう」というパターンには、実はリスクが潜んでいるのです。

「これから上がる!」と思って購入したら、予想に反して下がったというケースは案外多いのです。

 

対象となる銘柄にとっての好材料が出揃ってきたときほど、慎重かつ冷静にならなければいけない状態です。

例えば、ある会社の業績が向上し利益も倍になったというニュースなどを見てしまうと、つい買いたくなってしまいますよね?。

しかし、そういった情報だけで判断してしまうのはちょっと危険です。

 

株価がどんどん上がっているのを見ると、自分も乗り遅れまいと焦ってしまうと思うのですが、ここは少し冷静になりましょう。

値幅制限の上限まで買って利益確定をしたいと思う方も中にはいると思いますが、まだ株取り引きを始めて間もない人には、このような購入の仕方はお勧めできません。

株価が下がって、安くなった状態で買うこと、それが一番大切なことです。

 

「新高値買い」といい、高く買って安く売るという方法もありますが、これはタイミングを見計らうことが難しく、株式投資に慣れて情報収集のスキルがアップしてからでも遅くはありません。

下がっている株を買っておけば、これから何らかの利益を出すことができますし、そういったスタイルのほうが初心者の方にとっては安定した利益を望める投資方法といえると思います。

 

初心者向けの価値ある投資情報を無料でプレゼントしています!

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索