Blog
2014年6月19日 投資家マインド, 株初心者向け

株式分割によるメリットとは?

米のアップル社が、株式一株を7分割すると4月に発表していたのですが、つい先日の6月9日に実施されました。

これにより、今まで高額だったアップル社の株が一般の投資家にも手が届くようになり、現在のところかなりの高率で株価が上昇しているようです。

株式分割そのものが株価を上げることには繋がらないのですが、投資家心理に影響を与え、結果として株価を上昇させる要因になります。

 

copra-155695_640

 

株式分割とは、文字通り株を分割することを指します。

一株の値段が、今までは5万円だった株を5分割したとすると、1万円の株が5株になるということになり、一株あたりの株価は下がってしまいますが、5株の合計は5万円であるということに違いはありません。

既存の株主が所有している株が分割されたからといって、株価そのものが上がるわけではないということですね。

 

では、企業が株式分割を行う理由とは何でしょう?

株式分割を行う目的、それは1株あたりの株価を安くすることにあります。

1株当たりの株価が安くなることで、今まで手が出せないでいた投資家たちが、この金額なら手が出せるということで、株を購入する人が増えてきます。

 

このように、その銘柄の株を購入する人が少しでも増えることを期待し、株式の流動性をアップさせる効果を狙って株式分割は行われています。

 

一株当たりの株の値段は安くなりますが、今まで値段が高くて手が出せずにいた個人投資家でも手軽に購入することができるようになり、もしもその銘柄が人気銘柄だった場合には、さらに購入希望者が増え、株価が上昇するということになるわけです。

 

これは企業にとっても投資家にとってもメリットがある方法といえます。

企業にとっては、自社の株価が上がりやすい環境を作ることになりますし、既存の株主にとっては、配当のメリットや今後の株価の上昇による差益を狙えることになります。

株式分割による効果で、今回の米アップル社のような大きな儲けを得ることもなるのですが、株式分割をすれば、必ずその銘柄の株価は上がるのかというと、それは断定することはできません。

企業によっては一株あたりのの配当金を据え置くという場合もあり、メリットが同じであれば、増えた分の株を手放そうと考える人も出てくるわけです。

また、株数が増えて流動性が高まるということは、投資家心理によっては売りに出る人も増えることになり、株式分割前には上がっていた株価が、株式分割後には子株を売却する人が増えて、値段が下がることもよくあることです。

 

株初心者でもお金を増やせるメールセミナーを完全無料でお届けしています!

カテゴリー

アーカイブ

Copyright© - プログレスマインド・オフィシャルブログ All Rights Reserved.