日経平均株価とは?

株初心者向け

先週末の東京株式市場は、イラク情勢の混迷を受けて「日経平均株価」は午前中は安値傾向でしたが、後場からは持ち直し、15000円台に乗ったようですね。

 

さて、この「日経平均株価」という言葉は、株取引をやっていない人でも、よく目にする言葉ですが、株取引をやっている人であれば、日々必ず確認しておかなくてはいけない指標となります。

日経平均株価は株式指数と呼ばれるもので、日本の株式市場の平均の数値と考えていいでしょう。

この日経平均株価を1週間や1ヵ月単位など、色々と期間を変えてみてみると、個別の銘柄の動きを見ているだけではわからない、株式市場全体の状態を見て把握することができるようになります。

 

shield-268118_640

 

「日経平均株価」という言葉の頭についている「日経」という言葉は日本経済新聞のことを指します。

日本経済新聞が全部で225の銘柄の株価の平均を算出して公表しているため、こう呼ばれていますが、かといって「日本経済新聞平均株価」とは言わないところが面白いところですね。

この225銘柄はずっと固定の銘柄というわけではなく、優良企業や流動性が高く売買しやすいと思われる企業の株の銘柄が選ばれており、株式市場の現状に合った正確さを保つために、流動性に欠ける銘柄は除外するなどして、随時この225の銘柄は入れ替えも行われています。

 

平均株価の算出方法については、チャールズ・ダウという人が設立した、ダウ・ジョーンズ社という経済関連の出版会社が最初に考えて提案したものを、1975年に日本経済新聞が導入したことが始まりでした。

導入初期には「日経ダウ」という呼び方もされていたようですが、現在では日経平均株価という名前に統一され、日経ダウという呼び方はされていません。

 

日経平均株価は、増資による権利落ちなどに伴う株価の下落分を修正し、旧株と現在の株価を比較しやすいように調整してあります。

 

単純な計算式で算出された株価平均では、わずかな変動しかしていないのに、日経平均株価の指数では大きな変動があるというようなケースもありますが、前述したような増資による株式分割などの要素も組み込んだ値であるため、単純な平均値とは違い、連続性を保つための工夫がしてあります。

 

このような点も念頭に置いたうえで、日経平均株価の動向を読みながら取引を進めていくことが大切になるでしょう。

 

クリック→ 弊社がお届けする価値ある投資情報を、まずは無料で受け取ってください!

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索