個人投資家向きの「ミニ株」とは

株初心者向け, 株式投資

ミニ株という株式取引をご存知でしょうか?

ミニ株とは正式名称を「株式ミニ投資」といい、バブルが崩壊後に冷え切ってしまった個人投資家を株式投資に呼び戻すために、95年から一部の証券会社が取扱いを始めた商品です。

最初の投資金額が小さくて済むのが特徴で、単位株の10分の一刻みの資金から取引ができる株です。

 

business-163870_640

 

たとえば、通常であれば単位株数が1000株の企業の株が100株刻みで、単位株数が100株の企業の株であれば10株刻みで売買ができるようになります。

リスク軽減に有効な「分散投資」を行う場合、通常であれば数百万、数千万の資金が必要になりますが、ミニ株を利用することで、その10分の一の資金で始められ、余剰資金が少ない方でも取り組みやすいと思います。

このように、ミニ株は少ない投資金からスタートできるので、個人投資家の数を増やすことができ、個人投資家の数が植えれば株式市場が活性化されて株価が上がるなどの良い影響が出ると考えられています。

 

ただ、ミニ株では実際に株を購入するのは証券会社であり、、株主はミニ株の購入者ではなく証券会社ということになっています。

したがって、株を少ない資金で始められるメリットはあるのですが、指値注文ができなかったり、株主優待のメリットなども受けることができません。

 

ミニ株のメリット

ミニ株を購入する一番のメリットは、やはり少ない資金で株を購入することができるということでしょう。
株初心者にとっては少ない金額から投資を始めることができ、今まで買うことができなかった単元株が高いような銘柄でも、ミニ株なら安く購入することができます。

このため、複数銘柄に分散して投資する分散投資が可能になり、株価変動の影響を大きく受けることなく、リスクの低減が図れます。

 

ミニ株のデメリット

ミニ株は指値注文をすることができないので、株式取引の醍醐味であるリアルタイムでの売買が不可能です。

また、前述したように実際の株主は証券会社になりますから株主総会に出る権利がなかったり、株主優待などを受けることもできません。(※ミニ株の株主が受け取る配当金は証券会社が企業から受けた配当を、株式持分に応じてミニ株購入者に再配当されます)

 

その他にも、取り扱いのある銘柄は証券会社によって違っていたり、ミニ株で取引できない銘柄もあるなど、普通の株取引よりは不便な面も多々あります。

ミニ株は通常の株取引に比べて制約もありますが、この制約が初心者の方にとっては逆に保険的な意味合いを持つとも考えられますね。

 

株に興味はあるけど、知識もないし… とお考えなら是非読んでください。

 

 

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索