優良株を見極めるために必要なこと

株初心者向け

株式投資では、「優良株を安く買う」というのが儲ける基本ですが、では優良株とはどのような株のことを指すのでしょう…

今日は、この優良株を見極めるために必要な「指標」となるものを簡単に紹介してみます。

 

PER(株価収益率)

株価の動きを見るためのメジャーな指標のひとつに「株価収益率(PER)」というものがあります。

これは「Price Earnings Ratio」の略で、株価の割安感を測る一つの目安となるものです。

株価収益率は、その会社の株式の時価総額を純利益で割ったもので、PERが小さい会社ほど、利益を出している割には株価が安い会社だと言えます。

逆に、PERが大きい会社は利益が少な目な割には株価が高い会社だと言え、市場からの成長期待が高いために、株価が割高になっています。

一般的に、IT関連の株など新興企業は成長力期待が強いのでPERが高く、成熟した企業の株はPERが低い傾向があります。

 

このように「PER」とは、その会社の株価と利益を比較して、将来的な株価の変動を見極めるための重要な要素となりますが、この指標だけで投資先を判断するのは危険です。 前述したように「一つの目安」として捕らえてくださいね。

 

ROE(株主資本利益率)

ROEとは「Return on Equity」のことで、日本語では株主資本利益率または自己資本利益率とも呼ばれる指標で、株主が出資したお金を、その企業がどれだけ効率よく使い、うまく利益を生み出しているかを示すデータとなります。

株主が出資した額と比較して利益を大きく出していれば、株主に対してもたくさんの配当が期待でき、株価も上がりやすくなります。

 

ROE(株主資本利益率)の算出方法は、その年の純利益を株主資本で割って100を乗じます。

株主資本利益率(ROE) = 当期純利益 ÷ 株主資本 × 100

 

ROE(株主資本利益率)は、その会社が株主から集めた資金の運用具合を測るデータとも言えます。

何故なら、その会社が株主から集めた資産を元手に、年間の企業活動によってどれだけの利益を得たかが判断でき、ROEが高い会社ほど効率の良い経営をしているということになります。

 

今回は、上記2つの指標をごく簡単に紹介しましたが、実際に株を購入する場面では前述したようにこれだけを判断材料とせず、その他の指標も参考にして、株価だけで判断するのではなく、投資する企業の価値まで見極めることも必要だと言えます

 
「株初心者でもお金を増やせるメールセミナー」を完全無料でお届けしています

 

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索