みなさんこんにちは。

プログレスマインドの渡部です。

今日は、投資で今非常に注目度の高い日経225オプション取引についてお話ししています。

「日経225オプション」とは

あらかじめ定められた期日(満期日)に、あらかじめ定められた価格(権利行使価格)で日経平均を買い付ける、または売り付けることができる権利のことです。

買う権利を「コール」、売る権利を「プット」と呼び、それぞれを売買することで運用していきます。
と言ってもなかなか意味が分からないと思います。一言で話すと↑のようなものです。

もう少しわかりやすくお話ししています。
まず、言葉を分解して考えてみましょう。

今日はまず日経225オプションの「日経225」というところをお話ししていきます。
日経225オプションといっても、日経225の意味が分からなければまずわからないのは当たり前だと思います。
まず、日経平均株価というものはご存知でしょうか?

では初めて、日経225オプション取引を知った方もいらっしゃるでしょう。

そのような場合はまず、日経平均株価の存在から知るべきでしょう。

日経平均株価とは、日本の株式市場の代表的な株価指標の一つです。
日本の株式市場には、東京証券取引所の第一部というものがあります。
東証一部とか一部上場企業などよく聞いたことがあると思います。
一部上場企業には現在約1700銘柄あります。

で、この日経225オプションの日経225の225とは、「そのうちの225銘柄を対象にしていますよ!」
ということです。その225銘柄を日本経済新聞社がその銘柄を選定して、15秒毎に算出して公表しています。

この日経平均株価は、日本経済新聞社が作成している経済指標なので完全に民間で作成している経済指標ですが。
それでありながらも日本政府の経済統計としても使われているのです。非常に信用度が高いということです。
日経225オプションの日経225とは、日経平均株価の225銘柄ということだということはご理解いただけたでしょうか?

ということで、これまでのことをまとめると

この日経平均株価の225を対象にして定められた期日(満期日)に、あらかじめ定められた価格(権利行使価格)で日経平均を買い付けることをして取引して運用していきます。

 

日経225オプション取引の投資助言サービス

プログレスマインドの「日経225 オプション取引」投資助言サービスでは、相場状況をプロの目で分析したメールを1日1通配信。

そして発注が必要な場合はもう1通配信し、発注の種類、数量、売買の時期などをアドバイスしています。
「日経225オプション取引」による運用は、15万円程度の資金から始められ(当社推奨は100万円〜300万円)、
1日1回のチャートのチェックなどにより自分のペースで取引することが可能です。
また、いまほとんどの証券会社ではスマホでのトレードに対応しているので、仕事などで外出がちの人でも十分に取り組めます。

[wp-5star]

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索