株初心者が勉強するときに必要な本

株初心者向け

株初心者が勉強するときに必要な本

みなさんこんにちは、渡部です。

株の初心者は日々本を読んで、情報を収集する必要があります。

今日は株初心者の方が勉強するときに必要な本のお話しをします。
本屋さんに行けば、株に関する本はいくらでもあります。
ここでは読むべき本、参考にするべき本をご紹介しましょう。

株初心者が勉強に必要な本①・・・会社四季報

東洋経済新報社が出版している株の本。定番中の定番。
これを読まないで株はできません。
今季だけでなく来季の業績予想まで書いているので、とても参考になります。
証券会社に口座を開設すると無料で読めるところが多いです。

株初心者が勉強に必要な本②・・・日経会社情報

日本経済新聞出版が出している本。
基本的には四季報と同じですので、本人の好みの問題だと思います。

株初心者が勉強に必要な本③・・・ダイヤモンドZAi(ザイ)

ダイヤモンド社が出版している月刊誌。
様々な特集がくまれて株式投資の参考になります。

株初心者が勉強に必要な本④・・・ネットマネー

日本工業新聞社が出版している月刊誌。

こちらも人気の月刊誌です。株式投資に役立ちます。

株初心者が勉強に必要な本⑤・・・細野真宏の世界一わかりやすい株の本

株の仕組み自体から勉強したい方のための本です。
少し古いですが、基本を抑えるにはとても役立ちます。ベストセラーです。

 

初心者の方は、ダイヤモンドZAi(ザイ)を読んで、
細野真宏の世界一わかりやすい株の本を参考にすると、株の世界に入りやすいです。
四季報とかは、株を本気で買う気になってから読めばいいと思います。
証券会社の無料の四季報を読みましょう。

本は結構値段が高いので、すこしずつ読んでいけばいいと思います。

また、今年に入ってNISA(小額投資非課税制度)が始まりましたので、NISAについても少しずつ勉強していけばいいと思います。

関連記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

検索